外出先で韓国語の変則活用を調べるのに便利な方法。

「あれ、この単語どういう活用するんだっけ?」

 

韓国語学習歴が長い人でも、結構こんなことがあるかと思います。

私も時々ど忘れすることがあって、この前は자르다(切る)をの過去形はどうやってスペリングするんだったか思い出せませんでした。

 

 

で、私は活用形を調べたいときどうしているのかというとnaverの国語辞典を利用しています。

 

naver国語辞典

 

活用を知りたい単語を検索すると、その見出しの下に小さくハングルで「활용(活用)」と書かれたところがあり、そこに変則で活用される部分が記されています。

 

jalda

 

上の絵のように「잘라, 자르니」と書かれている部分です。

자르다の過去形はどういう風に作るんだったけ?と調べたいときには、잘라という部分をチェックします。

잘라は「자르 + 아」が合体した形です。

この「아」は連用形ですね。

 

これは後ろに아で始まる語尾が付く場合に変則活用が起きるよ!ということを表しています。

 

過去形は「았/었」なので、아で始まる語尾の一種です。

だから、잘라を見れば자르に았をつければいいんだなということがわかりますし、また자르に았をつけたら르がなくなって、その代わりに자の下にㄹが加わること、さらに르の部分が라になることもわかります。

だから最終的に、자르다の過去形は잘랐なんだなとわかるわけです。

 

ただ、この国語辞典。

あくまで韓国人向けのサイトですので、活用の情報が極端に少ないので学習者にとってはわかりにくいことこの上ありません。

 

やはり、学習者には活用の全体像がわかるようなサイトがあれば便利ですね。

 

 

 

かつてはnaver日本語版があってそこの韓国語辞典の活用表が便利だったのですが、今はなくなってしまいました。

 

そこで、いろいろ探してみた結果、今の段階でいちばん使いやすいのはこのサイトだろうということで、紹介します。

 

dongsa.net

 

知りたい韓国語の動詞や形容詞を入力すると、一発で活用形の一覧を表示してくれるサービスです。

 

欠点は英語の文法用語しか載っていない点なんですが、ある程度勉強が進んでいるかたであれば、言わんとしていることはなんとなく分かるのではないかと思います。

 

iPhoneやandroid用にもアプリになっているようなので、外出先でふと活用が知りたいときにも使えるはずです。

 

活用が苦手という方はぜひ使ってみてくださいね。

 

 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語や文法をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

 

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ