未来形の겠にはなぜいろんな意味があるのか?

前回の記事では、市販のテキストやもしかすると韓国語教室に通っていてもなかなか理解しづらい、韓国語の「未来形」について説明しました。
 
 
 
 
 
今回はその中でも、特に分かりにくい겠に注目して、겠とはどういう言葉なのか考えてみたいと思います。
 
 
 

ちょっと未来形の復習を

 
 
前回の記事の内容をちょっとおさらいすると、韓国語の未来形にはㄹ 것이다と겠の2種類があり、ㄹ 것이다は客観的な未来、一方の겠は、主観的な未来を表していると説明しました。
 
 
 
 
主観的な未来とは何かというと、要するに話し手の個人的な「考え」や「思い」を表しているということです。
 
 
つまり、「겠」の意味の中心が「話し手自身の気持ち」にあることが理解できてくると、
 
 
저는 내일 한국에 가겠습니다(私は明日韓国に行くでしょう)
 
 
という文章は単純に未来を表しているだけではなくて、「話し手の意志」、つまり話している人のやる気を表現しているということが分かってくるわけです。
 
 
だから、一般的には「겠」を未来形そのままに「〜するでしょう」と訳させているのですが、実際のニュアンスはそうではなくて「〜するつもりです」とか「〜しようと思っているんですよ」という訳語を当てた方がより実態に近くなるわけです。
 
 
 
 

韓国語の未来形「겠」の本当の意味を理解してみる。

 
  
 
저는 내일 한국에 가겠습니다の「겠」は話し手の気持ちを表しているので、「〜するつもりだ」という訳語を当てた方がいいということでしたが、겠にこの「〜するつもりだ」という訳語を当てるにはひとつ条件があります。
 
それは、文章の主語が「私」になっていることです。
 
主語が「私」である文章のなかで「겠」が使われているときにだけ「〜するつもりです」という訳語を使えるんですね。
 
 
なぜか?
 
 
 
その理由を理解するために、試しに主語を「彼」という第三者に変えてみるとどうなるか見てみましょう。
 
 

第三者が主語の文章に겠を使ってみると?

 
 
그는 내일 한국에 가겠습니다(彼は明日韓国に行くでしょう)
 
 
 
韓国に行くことになっているのは「彼」という第三者ですね。
 
つまり、「私」ではありません。
 
しかし、「겠」が使われているということは、この文章全体の意味は、この文章を話している人の気持ちや考えを表すことになるんです。
 
 

그는 내일 한국에 갑니다と言えばいいのに、わざわざ겠をつける理由とは? 

 
 
ちょっと分かりにくいかもしれませんね。
 
別の言葉で説明してみます。
 
겠が使われる文章というのは、例えば上の「彼が明日韓国に行く」という事実が実は100%事実なのかはわからないということを意味しています。
 
 
というのも、彼が韓国に行くのが100%事実なのであれば
 
그는 내일 한국에 갑니다.(彼は明日韓国に行きます)
그는 내일 한국에 갈 것입니다.(彼は明日韓国に行くことになっています)
 
と事実を淡々と伝える表現にすればいいんですね。
 
 
 
しかし、わざわざ겠を使ってます。
 
そこにどういう意味があるのかというと、겠は「主観的な未来」というキーワードを思い出すとイメージが湧いてくるはずです。
 
 
つまり、「彼が明日韓国に行く」ということは、あくまで話し手が個人的に考えているということにすぎないということです。
 
 
言い換えれば、行かない可能性もちょっとあるかもしれないと話し手が多少思っていて、 「彼が明日韓国に行く」という行動は、話し手である私が「予想」してるんですよ!とわざわざ伝えたいから겠を付け加えているんです。
 
 
だから、このことを踏まえて그는 내일 한국에 가겠습니다を訳し変えると
 
 
「彼は明日韓国に行くはずです」
 
とか
 
「彼は明日韓国に行くと思いますよ」
 
になるんです。
 
 
第三者を主語にした文章に겠を使うと、「彼が韓国に行く」という内容もあくまで話し手の個人的な予想にすぎません。
 
 
だから、「〜はずだ」という意味が出てくるというわけなんですね。
 
 
 
辞書とか文法で「겠」の意味を調べてみると、いろいろあるうちのひとつに「推量」と書いてあるのを見つけることができます。
 
この「推量」とはつまり話し手の「予想」です。
 
 
겠にはいろいろ意味がありますが、こうした経緯で導きだされるんですね。
 
 
 
 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語や文法をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

 
photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ