パッチムの発音をネイティブ並みにうまくするセミナー

あなたは勇気を振りしぼってせっかく韓国人に韓国語で話しかけてみたのに全く通じなかった・・なんて経験をしたことがありますか?
 
「はぁ??」

なんて反応が返ってくるとガッカリしますよね。

 

しかし、単語も文法的にも正しく話しているのに、なぜ通じないのでしょうか?

 

その原因は 「パッチム」の発音がカタカナ発音になってしまっていたからです。

 

パッチムとは母音のあとで発音する子音のことなのですが、日本語にはこのような音がないのでどうしてもパッチムに母音をくっつけて発音してしまいます。

 

 
例えば、カムサハムニダ。

ご存知の通り「ありがとうございます」という意味の韓国語ですが、韓国を旅行して「カムサハムニダ」と言っても通じないことさえあるんです。

 

なぜこんな基本的なあいさつまで通じないのか?

 

 
それは韓国人が日本人の 「カムサハムニダ」という発音を聞くと7文字の言葉だと認識するからです。

 

カ・ム・サ・ハ・ム・ニ・ダ

 

7文字ですよね?

 

しかし、韓国人の知っている
 
감사합니다
 
は5文字です。

 

日本語を知らない韓国人が”カムサハムニダ”と聞くと7つの文字がある言葉だとばかり想像して、目の前の日本人が5文字の言葉・감사합니다と言っているつもりだなんて、ゆめにも思ってくれないのです。

 

 
こうなってしまうのはパッチムがうまく発音できていないことが原因です。

 

子音だけで発音しなくてはいけない音にムダな母音がくっついてしまったので、韓国人からすると文字数が増えて感じてしまうんです。

 

日本人にとっては些細なことかもしれませんが、韓国人にとっては5文字と7文字の違いは大きすぎる違いです。

 

それで簡単なあいさつでも通じなくなるんですね。

 

 
 
このように多くの日本人にはパッチムに余計な母音をつけて発音してしまうクセがあります。

 

 
だから、韓国人と話したい!と思ったら、この余計なクセを直さない限りいくらあいさつや表現を覚えたとしても韓国人に通じることはありません。

 

 もし、あなたが一生懸命覚えた単語や表現が韓国人に通じないとしたら?

 

 いままでの時間はなんだったの・・・ってことになりますよね。

 

 そこで今回、あなたが今後無駄な勉強をしないためにも、2時間でパッチムの発音をマスターできるミニセミナーを大阪で行うことにしました。

 

 
このセミナーでは次のようなことが学べます。

 

・パッチムをネイティブっぽく発音できるようになる7つの知識

・パッチムとはつまり何なのか?

・同じに聞こえてしまうㅇとㄴを聴きわける方法

・를はルルじゃない!ㄹパッチムがうまくなるたったひとつのコツ

・景福宮と告げたのにタクシーに昌徳宮に連れて行かれた怖い理由

・あなたひとりでもパッチムがうまくなる練習方法

 

 
などなどをお話しします。

 

 
(前回参加された方のご感想)
これまで、発音の仕方、音の変化について、ぼんやりとしか掴めていなかったのですが、先日のセミナーでとてもハッキリと理解できました。
理屈を簡潔・明確に説明していただいたので、スムーズに頭に入ってきました。
これからは、実際の発音の仕方で悩んだり、変化を覚えられない、ということことが無くなりそうです。
繰り返し練習して、自分のものにしていきたいです。
もっと早くにセミナーを受けたかったです(笑)(横浜市在住 Y様 30歳代女性)

 

 

あなたの発音をネイティブに
「発音うまいですね〜」
と言われるレベルまで上達させるこのセミナー。

 

 
早く韓国語がうまくなりたい!と思っている関西ご在住の方、ぜひふるってご参加ください。

 


【パッチムの発音の仕方がわかるセミナー開催要項】

・日時:12月20日(日)13時30分~15時30分
・場所:JR大阪環状線玉造駅近くのセミナールーム
    (お申込みいただいた方にお知らせします)

・参加費:2000円
 →当日現金にてお支払いください。

・対象:ハングル文字は読めてもパッチムの意味がわからない人。
    練習してもパッチムの発音がうまくならない人。
    パッチムを上達させてもっと発音よく話したい人。

・募集人数:8名
 (人数に達しましたら締切らせていただきます)

・準備物:筆記用具、質問事項


お申込みはこちらから

 

20日、大阪でお会いできることを楽しみにしています。

photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ