韓国語が話せるようになると、同時に聞き取れるようになる。

あなたが3ヶ月以内に韓国人と韓国語で「コミュニケーション」をとることができるようになるには何をしたらいいのか?

 

韓国人とコミュニケーションをとるということは、あなたが韓国語を「話す」ということと、あなたが相手の韓国語を「聞き取る」という二つの行為に分けることができます。

 

普通の人は、聞きとれるようになれば話せるようになるということで、リスニングを集中的に勉強する傾向があります。

しかし、実際に会話できるようになるには、一般的な常識に反して、「話す」ということに意識を集中して勉強を進めたほうが早いのです。

 

つまり、聞き取りはとりあえず傍に置いておいたほうがいいということなのですが、なぜ「話す」ことに集中すると聞き取れるようになるのでしょうか?

 

 

単語をたくさん覚えて、リスニング勉強をたくさんすれば、韓国語で会話できるようになる!という考え方は誤解だということ

 

まず、知っておいてほしいことは、独学で韓国語を勉強しているとハマりやすい上達しないパターンがあるということです。

  1. たくさんリスニングすればいつの日かコップから水があふれ出すように韓国語が聞き取れるようになると信じて、毎日一生懸命韓国語をリスニングする
  2. しかし、いくらリスニングしても「いつの日か」がなかなかやってこない
  3. 聞き取れない原因は単語不足にあると気づき、単語勉強に精を出す
  4. 一生懸命単語を勉強したのに、音声を聞いた瞬間単語の意味を思い出せずパニックになる
  5. 単語を勉強しても、瞬間的に意味が思い出せなければやはりリスニングしても聞き取れないとわかる
  6. いくら勉強してもリスニングできないと自分の方向性を見失う・・・

あなたもこんなパターンに陥っていませんか?

 

このパターンは私もかつて陥っていて、その時はどうやっても韓国語がうまくならないと悩んでいたんですが、

 

いくら勉強しても韓国語が聞き取れなかった理由とは?

 

当時を振り返ってわかるのは、韓国語がうまくなるということを「韓国語をなんでも聞き取れるようになること」という意味で捉えていたため、なかなかこのパターンから抜け出すことはできなかったのだと考えています。

なぜなら、この考え方だと韓国語を100%完璧に聞き取れるようにならない限りゴールに到達しないからです。

 

 

日本人は日本語を一字一句正確に聞き取っているわけではない。

 

実はあなたは日本語を話していても、相手の言うことを一字一句100%聞いているわけではないことをご存知ですか?

試しにNHKのラジオニュースなどをディクテーション(聞いた内容を文字起こししてみること)してみるとわかります。

1-2度聞いたくらいでは、全く文字起こしなんてできません。

5回も6回もリピートして聞いてみないと、正確な文字起こしはできないんです。

 

すべてをしっかり聞いているようでも、実は細かい単語や言い回しはさらっと聞き流しているですね。

だから、どんな単語や言い回しをしていたのか正確に文字で再現しようとしても記憶が出てこない。

 

それでもニュース全体の意味はしっかり理解できているのは、単語の意味を一字一句正確に捉えているわけではなく、単語のつながりをイメージとして捉えて内容を理解しているからです。

 

逆に一字一句正確に聞き取ろうとすると、ニュース全体の意味を見失ってしまうということも試してみればわかるかと思います。

 

 

韓国語が聞き取れないのは一字一句追おうとするから。

 

話を韓国語にもどします。

 

リスニング勉強を頑張っても一向に聞き取れるようにならない原因は、この一字一句正確に聞き取ろうという意識にあります。

日本語でも一字一句聞き取ろうとすると意味を見失うのに、韓国語で同じことをしたらますます聞き取れなくなるわけです。

 

しかし、逆に一字一句聞き取るのはやめて全体を聞き取ろうとすればいいのか?というと、これもまた最初のうちは上手くできるわけではありません。

今度は逆に文章の音の波に単語の音が溶け込んでしまって、単語の自体が耳に残ってこないからです。

 

リスニング勉強を一生懸命してもなかなか聞き取れるようにならない理由とは、一字一句聞き逃すまいとする聞き取り方話全体の意味を理解しようという聞き取り方に矛盾が生じるので、身動きがとれなくなってしまうからです。

 

 

韓国語が聞き取れるようになるには、話せるようにならなくてはならない

 

では、どうしたらこの矛盾が解消するのでしょうか?

それが「話す」ということです。

 

まず話すことに集中して勉強をすると、一字一句聞き取らずに話全体の意味が捉えられる基礎体力がついてくるのです。

 

では、話せるようになると、なぜ聞き取れるようになるのでしょうか?

 

 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ