長年韓国語が話せない人が誤解していることとは?

長年勉強しているんですが、いつまでたっても韓国語が話せるようにならないんです・・

 

もしあなたがこのようなお悩みを持っているとしたら、単語力不足が原因ではなく、あなたが「韓国語を話す」という行為に対して大きな誤解をしているからかもしれません。

その誤解が足かせになって、自分自身に「私は韓国語が話せない」という自己暗示をかけてしまっている可能性があります。

 

前回の記事、前々回の記事で説明した通り、

日本語を使いこなせば、韓国語が話せるようになる。

あなたの日本語力が韓国語の上達を阻んでいる!そのワケとは?

 

あなたが普段使っている日本語を話す感覚で韓国語が話せないから・・だとか、韓国語を話そうとして頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語に翻訳して話そうとしているのだとすると、それは明らかにハードルを高く設定しすぎだからです。

 

「話す」というのはスポーツや楽器の演奏と似ていて、簡単なことから実践してみて、その実践を続けることでだんだん難しいことができるようになってくるからです。

ろくに会話した経験もないのにいきなり日本語と同じ感覚で話そうとするのであれば、言葉に詰まるのも当たり前です。

 

だから、最初は短い、かつシンプルな文章を口から出すことが、韓国語を話せるようになるために重要なプロセスなのです。

理想的には小学2年生が話すような日本語を韓国語に変えながら口に出していくとき、うまくコミュニケーションが取れるようになります。

 

しかし、簡単な文章で話すというのは、いい大人にとってはなかなか受け入れにくいかもしれませんね。

特に知的な方の場合は、どうしても「子供っぽい表現だと、バカにされないかしら?」「簡単な表現しか使えなくて恥ずかしい」という感情を抱きがちです。

 

一所懸命勉強したのだから、自分の思い通りに話してみたい!と思われるのもわからなくはないのですが、韓国語を実践の場で使ってきた経験からすると、やはり小学2年生が話すようなシンプルな表現で話す方が相手の韓国人に伝わりやすいんです。

なぜかというと、韓国人からすると日本人の話は概して長いくせに結論がよく分からないから。

逆にいうと韓国人同士の会話は、意外なほど簡単な文章の連続です。

 

 

日本語と韓国語は非常に似通った言語構造を持っているので、日本人と韓国人は似た考え方をしていると錯覚しがちです。

しかし、やはり違う民族。

全然性格も考え方も違います。

 

傾向として韓国人は単刀直入。

発言も直接的ですし、話を聞く時も直接的に言ってもらわないとあなたの考えをなかなか理解してはくれません。

 

いくらあなたがペラペラに韓国語が話せたとしても、相手の韓国人に「この人、結局何が言いたいの?」と思われてしまえば、コミュニケーションは失敗なのです。

 

だから、理解してもらいやすい方法で話す必要があります。

それがシンプルな表現で話すということ。

 

韓国人にあなたの考えをわかってもらうにはどうすればいいのか?という観点から考えると、いかに長々と話すことが無駄なのかがわかってきます。

 

あなたはなぜペラペラになりたいのですか?

 

ペラペラになる目的が定まれば、次にやるべきことが自ずから決まるはずです。

 

 

どのくらい話せれば、韓国語が通じるのか?

 

韓国語を話すには単語や文法の知識は絶対必要です。

しかし、会話を楽しむために韓国語能力試験5級や6級の知識が必要かというと決してそんなこともありません。

2級に合格できるくらいの知識があれば、十分会話を楽しむことができます。

 

そこそこの知識で会話を楽しむためには、どうやって勉強したらいいのか?

韓国語光速インストール学習法でそのテクニックをお教えしています。

 

60歳の女性が2ヶ月半でフリートークを楽しんでしまったノウハウとは?

その秘密はこちらから

 

photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ