話すためにすべきこと

あなたは韓国語ができるようになったら何をしてみたいですか?

 

もし韓国人と自由に韓国語で会話してみたい!


ということであるならば

韓国語を自由自在に話せる状態になるためには、
何をすればいいと思いますか?

 

韓国語能力試験やハングル検定の何級かに合格すれば、いいのでしょうか?
発音が韓国人の俳優と同水準まできれいになれば、いいのでしょうか?
音読を毎日やればいいのでしょうか?
全ての文法を覚えればいいのでしょうか?
あらゆる単語を記憶していけばいいのでしょうか?

 

正直言って、
検定試験に合格すること、
発音が韓国人みたいになること、
文法書に出て来る全ての文法を覚えること、
知っている単語が1万個に達することと、
韓国語が話せるようになることとは全くと言っていいほど関係ありません!

 

音読は話すための準備運動にはなるんですが、
音読をすることと会話することはまた別の話です。

 

韓国語が話せるようになるということはどういうことなのか?

 

それは、
あなたの考え・意志を韓国語で口から発してみて
それを韓国人が理解してくれたという状態のことです。

 

言葉を話すということの最終目標は、
まさに相手にあなたをわかってもらうということ。

 

つまり、
自分の意志が相手に理解してもらえさえすれば、
発音を韓国人っぽく上手に話す必要はありませんし、
文法を間違えていてもいいですし、
たとえ韓国語の単語が浮かばなくても、
わからない部分は英単語を代わりに使ってもいいのです。

 

正しい文法や正しい発音は
コミュニケーションの本質ではないのです。

 

では、韓国人に理解してもらえる韓国語を話すにはどうしたらいいのか?

 

それは、韓国人に会って、
その韓国人と韓国語で直接話をしてみてください。

 

言葉が通じるかどうかは、ひとりでは判断することができません。
実際に相手に通じるかどうか試してみるしかありません。

 

それで通じなければ、言い直す。
単語が間違っているかもしれないし、発音が間違っているかも知れない。

 

逆に通じたらそれでOKなわけです。
韓国人みたいな発音で正しい文法で話さなくても
聞き取ってくれます。

 

例えば、
日本にいる外国人が
「タベタイ、ラーメン、オシエテ、ドコ?、アル? ラーメンレストラン、チカク」
とカタコトで尋ねてきたとしても
発音も文法もめちゃくちゃだという理由で
話を聞いてあげない日本人はいないはずです。

 

それは韓国人も同じです。

 

幸い韓国語は日本語と文章構造まで同じです。

 

日本語と同じ順番で単語を並べて行くだけで、
文法的にもそれなりの韓国語になります。

 

つまり、まずは韓国人に会って単語を並べて行けばいいのです。

 

もしカタコトでも話せないのであれば、
正しい文法、正しい発音を知識として理解していたとしても
話せるようにはなりません。

 

物事の順番からしてそうなります。

 

簡単なことができた後で、
難しいこともできるようになるからです。

 

私も8年勉強してどうにもならなかったんですが、
ある日ネットで知り合った韓国人の姉妹の東京観光のガイドをする機会があって
そのとき単語を並べるだけで通じること
つまり、話ができるということに気がつきました。

 

そして、そこから何人もの韓国人とカタコトで会話しまくることで
発音はさほどうまくなる必要がないということが分かりましたし、
逆に話すために必要な単語は増えていきました。

 

それで最終的にはサムスンで通訳業務まで行えることになったのです。

そもそもの最初はカタコトから始まったのです。

通訳していたときでさえ
正しい韓国語で話していたわけではありません。

 

要するに、通じればいいのです。

 

また、聞き取り能力については、
話せるようになれば、それにつられて自然と上達していきます。

聞き取り能力だけを伸ばそうとしてもなかなかうまく行きません。

 

ということで、
最初に卵が先か、鶏が先かという話をしましたが、
いくら勉強しても上達しないと思っているあなた。

勉強の順番としていままでの方法を逆転して
まずは韓国人と韓国語で話すところから始めてみて下さい。

 

韓国語光速インストール学習法は
そんなあなたの上達をサポートしていくための学習法です。

あなたと目標を同じくする500名以上の受講者たちと共に
あなたのご参加をお待ちしています。

 

⇒教材の詳細、お申込はこちらの教材ページから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ