浅田真央選手に韓国人が嫌悪感を感じる、知れば残念な原因とは?

年末に浅田真央選手がスケートしているのを見てこの記事を書いたのを思い出しました。今は閉じてしまった旧ブログで2014年4月に書いた記事を再掲載します。

 

 

韓国で一番有名なスポーツ選手といえば、キムヨナです。

 


ソチオリンピックでは銀メダルだったわけですが、そのキムヨナがライバルと見ているのが浅田真央選手。

 

日本人から浅田真央選手を見る場合、演技はもちろんのこと、人格的にも非の打ち所がないすばらしい選手ですね。

 

彼女の競技に対する姿勢に異議を唱える日本人はまずいないはずです。

 

私がサムスンで働いていたとき、日本に来ている韓国人の駐在員たちのなかにも「かわいい」とか「優しい顔をしている」という理由でキムヨナより浅田真央を応援している人がいたりしました。

 

しかし、韓国に住んでいる日本語を解さない普通の韓国人から見ると、浅田真央選手に嫌悪感を覚える人が多いらしいんです。

 

非の打ち所のない人格者に嫌悪感を持つとは、韓国人の思考回路は一体どうなっているのか?キムヨナびいきや反日感情が過ぎて、韓国人は見境がなくなっているのか?

 

そんなことも思ってしまうわけですが、しかし、キムヨナびいきだからとか日本人がキライだからという理由ではありません。

 

普通の韓国人は浅田真央選手の「人格」そのものに嫌悪感を感じてしまうというのです。

 

いくらなんでも、そんなことがあり得るのでしょうか?

 

 

普通の韓国人が浅田真央を嫌う理由とは?

 

この前、サムスンの女性社員から聞いた話なのですが、 人格に嫌悪感を感じてしまう理由。

 

それは、「誤訳」にあるというのです。

 

キムヨナのライバルでもあり、韓国人からすると憎き日本の代表選手である浅田真央選手には韓国のマスコミからも非常に高い関心が注がれます。

 

特に大会後の浅田選手のコメントも漏れなく報道されるわけです。

 

例えば、2013年12月23日フィギュア全日本選手権で3位に終わってしまった後の浅田選手のコメント

 

自分の目指していた演技ができなかったので悔しいです。(トリプルアクセルは)今日も1発目がきれいに決まっていれば、2発目も分からなかったんですけど、今年決めるのはこれがラストチャンスだったので、1回でも決めたかったというのがありました。だから2回目も挑戦しようと。この全日本で感じた悔しさを、次の試合にぶつけていきたい。

 

韓国でもすぐに報道されます。

아사다마오 “실수 분하다. 소치에서 억울함 풀 것”
(浅田真央「失敗悔しい。ソチで悔しさ晴らす」)

 

ポイントは「悔しい」という言葉。

 

残念ながら浅田選手は最近納得のいく結果が出ていなかったので、そのコメントに「悔しい」という言葉が多くできます。

 

ソチから帰国後のコメントでも「悔しい」が使われています。

 

みなさん、こんにちは。浅田真央です。今日はたくさんお集まりいただきありがとうございます。先ほど、ソチから日本に帰ってきました。このソチ五輪は最終的には目標としている目指している演技をすることができました。もう1つの目標としてメダルを日本に持って帰ってこられなかったことは、今でもとても残念ですし、悔しい気持ちでいっぱいです。

 

すると、程なく韓国のマスコミが報道します。

 

아사다 마오 “소치올림픽 노메달, 분하다”
(浅田真央「ソチオリンピックノーメダル、悔しい」)

 

메달을 갖고 일본에 돌아오지 못했다. 유감이고 분한 마음이 가득하다

(メダルを持って日本に帰って来れなかった。残念で悔しい気持ちでいっぱいだ)

 

ご覧の通り、「悔しい」という言葉は韓国語で「분하다」と訳されています。

 

naverの日本語辞典でも「くやしい」を調べると「분하다」と出てきますね。

 

http://jpdic.naver.com/entry/jk/JK000000024738.nhn

 

辞書にそう出ているから「悔しい」を「분하다」と訳すわけですが、しかし、浅田真央の韓国語訳されたコメントを読んだり聞いたりする韓国人はこう感じるらしいのです。

 

「浅田真央はいつも言い訳ばかり言ってて、ずるい」

 

 

韓国人が浅田真央をずるいと思う合理的な理由

 

日本人からすると浅田真央選手が言い訳なんかする選手ではないということを知っていますし、コメントからも言い訳のニュアンスなどは微塵も感じられないのは当たり前なんですが、同じセリフでも韓国人からすると言い訳に感じてしまう・・・。

 

こんな受け取り方の違いが表れてしまうのは日本人と韓国人の感性に違いがあるから・・ということではありません。

 

「誤訳」が原因です。

 

というのも「분하다」は「くやしい」の訳語ではあっても、浅田選手の「くやしい」を訳すときには全然意味が違うからなんですね。

 

では、どのように意味が違うのか?

 

 

まず、確認しておきたいことは、日本語の「悔しい」という言葉です。

 

goo国語辞典で言葉の意味を確認してみます。

 

 物事が思うとおりにならなかったり、はずかしめを受けたりして、あきらめがつかず、腹立たしい気持ちだ。残念でたまらない。「負けて―・い思いをする」「―・かったら見返してやれ」
 後悔される。くやまれる。
「わが心しぞいや愚(をこ)にして今ぞ―・しき」〈・中・歌謡〉

 

浅田真央選手の場合、自分が目指していた思い通りの結果が出なかったので、腹立たしい気持ちを表そうとして「悔しい」という言葉を使ったわけですね。

 

日本語としておかしいとか、浅田真央選手はずるいという感想をもつに至る要素は全くありません。

 

では、問題の분하다の意味を見てみましょう。

 

naverの日本語辞典で「くやしい」と検索すると「분하다」という単語が出てきます。

 

http://jpdic.naver.com/entry/jk/JK000000024738.nhn

 

これだけでは、日本語の「悔しい」とどう違うのかは分かりません。

 

しかし、韓国人によると、분하다という言葉を聞いたときに思い浮かぶシチュエーションというのがあるんだそうです。

 

それは、

 

自分は何も悪くないのに意地悪なやつのせいで、自分が被害を被ったので許せない・・・

 

という状況。

 

분하다とは、”悔しい”という感情を表すことは間違えないのですが、日本語の「くやしい」よりは意味が限定されていて、

 

・自分が悪くないということ

・誰か他の人や状況のせいで自分に被害が及んだこと

 

こういうときに感じる悔しさを表すための言葉だというのです。

 

 

つまり、浅田真央選手は「悔しい」というコメントが多いのですが、これがいつも분하다を使って訳されてしまっていたせいで、韓国人の間では「私はちゃんとやったのに誰かのせいで自分の結果が悪かったんだ!」という言い訳コメントに変質してしまっていたということなんですね。

 

となると、韓国人にはどういう想像力が働くのか?というと、自分の負けをキムヨナのせいにしているとかそんな話に展開されてしまうわけで、これが真央バッシングにつながってしまっていたようです。

 

実際にこの話を教えてくれた韓国人女性も当初は自分の負けを”人のせいにばかりしている”浅田真央選手を本当に嫌っていたそうなんですが、日本語を勉強してソチオリンピックの時などに浅田真央選手のコメントを日本語で聞くようになったら、逆に人のせいにするなんてことはあり得ない人で、どうして日本人が浅田選手を応援しているのかよくわかるようになった、ということを言っていました。

 

そりゃ、そうですよね。もともと人のせいになんて、してないんだから・・・。

 

そして、誤解が一人でも解けてよかったねという話でもあるんですが、

そもそもなんでこんな大きな誤解を招くような誤訳をして、しかも日韓関係が微妙な時期に追い打ちをかけるように放置しているのか・・・

 

韓国マスコミよ、変な記事を書いているんだから早急に改善しろよ!!!

 

こんなことを思ってしまう人も多いかと思いますが、この韓国人の話を聞いていたら改善するのは思ったより難しいんじゃないか?という考えが私の頭をよぎりました。

 

誤解は放置されざるをえない

 

実際に「아사다 마오 분하다(浅田真央 くやしい)」とnaverで検索してみると、いろいろ韓国人が書いたブログが出てきます。

 

その中で韓国人女性が書いたというブログからひとつ引用してみます。

 

아사다마오 선수는 왜 이런 삐둘어진 표현을 하는지 이해되지 않는다.
(浅田真央選手はなぜこんなひねくれた表現をするのか理解できない)

분하다는 표현은 다른 사람의 방해나 불리한 판정으로 자신의 실력을 제대로 인정 받지 못 했을 때 써야 하는 말이고…
(분하다という表現は他の人の妨害や不利な判定で自分の実力を思い通りに認められなかったとき使わなくてはならない言葉で…)

(中略)

적어도 올림픽에서 금메달에 도전 할 수 있는 기량을 가진 선수라면 자신의 실력과 상대방에(原文ママ) 실력을 현실적으로 인정하고 패배를 겸허히 받아 드리고(原文ママ) 자신보다 좋은 실력을 보인 상대방 선수를 출하해 줄 줄 아는 마음도 갖추고 있어야 하지 않을까…
(少なくともオリンピックで金メダルに挑戦できる器量を持った選手ならば、自分の実力と相手の実力を現実的に認めて敗北を謙虚に受け入れ、自分よりいい実力を見せた相手選手におめでとうと伝えられる心も持たなくてはいけないのではないか)

분하다 하는 비뚤어진 생각을 마음속에 품지 말고…
(분하다というひねくれた考えを心の中に抱いていないで…)

(後略)

 

キムヨナに対する批判記事ではありません。

あくまで浅田真央選手に対する批判記事です。

 

原因はお分かりになった通り、真央選手のコメントとして「분하다」が使われたせいですね。

 

悔しいと분하다の意味が全然違うということも実感できる記事ではないか?と思います。

 

 

しかし、どうしてこんな正反対の誤解が生じる誤訳を放置されてしまっていたのでしょうか?

 

韓国マスコミの悪意・・・という穿った見方も可能ですが、この話を教えてくれた韓国人の話を聞いていて、原因は2つあるのではないか?と頭に浮かびました。

 

しかも、意図的というよりは、無意識というか文化ギャップなんだと思います。

 

というのも、この話を聞いたとき他にもネイティブ韓国人が2人いたのですが、彼らの間で当然こういう話になりました。

 

「じゃ、浅田真央ちゃんの”悔しい”を韓国語にどう訳しなおせばいいんだろうか??」

 

浅田真央選手の「くやしい」は 自分に対するふがいなさから来る怒りというか悔しさですね。

 

辞書には「くやしい=분하다」と書いてあるので、辞書にはない、自分に対するふがいなさを一言で表す言葉を探さなくてはいけないのですが、3人のネイティブが5分議論して出た結論はこうでした。

 

「韓国語にはぴったり当てはまる単語は無いね・・・」

 

ネイティブがそろって出した結論は、「자기한테 화나다(自分に怒る)」とか「결과가 좋지 않아 아쉽다(結果が良くなく残念だ)」などと、何らかの文章のかたちに訳し直さないと、真央選手の「悔しい」は伝わらないということでした。

 

つまり、この「悔しい」の元の意味が伝わるように韓国語に訳し変えるには、日本語に対するある程度の理解力が必要だということですし、そもそもうまく言い換えられる単語がないので伝えること自体も難しいわけです。

 

しかし、スポーツ記者がそこまで外国語に精通しているでしょうか?

 

日本特派員とかもいるんでしょうけど、人数も限られているでしょうし、そういう人が翻訳業務をこなすとは考えられません。

 

じゃ、誰が翻訳しているのか?

 

私の頭に浮かんだのは、自動翻訳です。

 

こんなに韓国の新聞各社が揃いも揃って「悔しい」を「분하다」と訳してしまうのはなぜか?と考えたときに、日本から送られてくる真央選手のコメントをnaverなどの自動翻訳機にかけて、それをニュース記事にアップしているのではないか?

 

私はそう予想しています。

 

人が翻訳しているのであれば、どこかの新聞社の賢い翻訳家が一人くらい間違いに気づいてもいいようなものですが、各社そろって同じく誤訳しているということは、翻訳者が一人しかいないということになってしまいます。

 

しかし、そんなことは常識的でないですから、同じ翻訳結果の出る自動翻訳を使って記事を書いているからなんだろうとしか考えられないわけです。

 

なので、浅田真央選手バッシングを引き起こした誤訳を改善するには、自動翻訳や辞書の訳語を変える必要があるということになりますが、しかし、韓国語には「くやしい」をうまく訳せる単語がないので、これまたうまく直せない・・・。

 

日本の選手がまた「悔しい」とコメントしたら、韓国で同じようにバッシングが起きてしまうかもしれませんね。

 

 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語や文法をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

 
photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ