韓国人に「バカにするな!」とキレられないための尊称の付け方

前回、前々回と韓国語の敬語について説明してきました。

 

これだけ覚えられば韓国語の尊敬語はOK!

韓国語で使われる謙譲語をリストアップしました。

 

 

今回、その番外編として人の呼び方についてお話しします。

 

 

韓国語での「〜さん」の言い方

 

韓国語で「~さん」を意味する単語は「~씨」です。

漢字で書くと「~氏」ですね。

 

だから

「チョーヨンピルさん」だったら「조용필씨」

「キムソナさん」だったら「김선하씨」

というように呼びます。

 

このとき気をつけなければならないのが

「フルネーム+씨」

で呼ばなくてはならないということ。

 

万が一にもその人の前で「조씨」とか「김씨」などと呼んでしまったらそれは失礼千万な表現になってしまいます。

 

조씨とか김씨という呼び方は下人(하인)に対する呼び方だからです。

 

韓国人はよく「無視される」とか「低く見られる」ということに過敏に反応します。

 

日本人に対してフルネームで呼ぶのは滑稽ですが、だからと言って韓国人に対しても日本人と同じ感覚で「조씨」とか「김씨」など呼ばないようにお気をつけください。

 

 

韓国人の下の名前がわからないときは?

 

しかし、フルネームで呼ばなかったら失礼になる!とは言っても、もし下の名前が分からないときはどのように呼べばいいのか?と思うかもしれませんね。

 

下の名前が分からないときは、姓の後ろに職業や地位名をつけてみてください。

 

例えば、学校の先生だけど李さんとだけしか分からなかったら이선생님(李先生さま)。

 

会社を経営されている、個人事業をしている金さんだったら김사장님(金社長さま)。

 

アパートを警備している朴さんだったら박경비원님(朴警備員さま)。

 

ただ、このときも注意事項があります。

 

相手の職業や地位名の後には必ず~님(~さま)をつけなくてはいけないということ。

 

日本語においては先生や社長、部長、知事、理事長などなど職位、地位を表す呼称はそれ自体で尊称の意味を持っているのですが、韓国語では尊称の意味を持たないからです。

 

だから、님をつけないで선생(先生), 사장(社長), 부장(部長), 이사장(理事長)と呼んでしまうと「あなたは私より目下ですよ」と宣言していることと同じになります。

 

すると、相手の韓国人は「自分が低く見られた、無視された」となりトラブルの元になります。

 

ちなみに運転手さんのことを기사님と呼びますが、もし日本語の感覚で운전수(運転手)と呼んでしまうとやはり相手をバカにする言い方になります。

 

수が「手」のハングル読みなため、かつて韓国において人のことを「手」とは何事だ!バカにすんな!という話になったことがあるそうなんですね。

 

だから、운전수ではなく운전가사(運転技師)という技術者っぽく呼ぶことになったようです。

 

ただ、役職名や職業名だけでは尊称にならないため、さらに님をつけて기사님という必要がある点にはやはり注意してください。

 

 

下の名前も職業、地位も分からないときは?

 

初対面などで相手をどう呼べばいいのかわからない・・。

そんなときもあるはずです。

 

そういうときは、素直に聞いてみいましょう。

성함이 어떻게 되세요?

(お名前がどのようになられますか?)

 

こう言って名前を聞いたらとりあえず「フルネーム+님(さま)」で呼べば無難なのではないかと思います。

 

韓国語は日本語と似てはいますが、こういう呼称については大きな違いがありますので、ぜひとも気をつけてくださいね!

 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

 

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ