あなたの日本語力が韓国語の上達を阻んでいる!そのワケとは?

いくら単語を覚えても、韓国語が話せるようにならないんです・・。

 

そんなお悩みをお持ちの方は結構多いのですが、もしかするとあなたもそうではありませんか?

 

韓国語は日本語と語順、つまり言葉の並びがほとんど同じなので、理屈からいうと単語だけどんどん覚えてしまえば、結構話せるようになるはずなんです。

しかし、実際に話してみようとすると頭が真っ白になってしまって、口から言葉が何にも出てこない・・なんてことが起こります。

 

なぜ、単語を覚えればある程度話せるはずなのに、しかも単語を一生懸命覚えて、音読もたくさんしているのに、一向に話せるようにならないのでしょうか?

 

 

知識豊富なあなたが話せるようにならない理由

 

その原因は、あなたの日本語力が足を引っ張っているから。

 

こんなことを書くと、日本語がヘタだから韓国語もうまくならないってこと?と思われた方もいるかもしれません。

 

しかし、それは逆なんです。

韓国語がなかなか話せるようにならないのは、あなたの日本語のレベルが高すぎるから。

 

特にあなたが普段、お話好きで友達とのおしゃべりをたくさん楽しんでいるというタイプであれば、その流暢すぎる日本語のせいで韓国語がうまくならないということがぴったり当てはまります。

私がこれまで見てきた限り、この傾向は韓国語中級レベルの知識を持っている女性に多く見られます。

 

しかし、韓国語は日本語と語順が同じだし、日本語で話し上手だったら単語を覚えれさえすれば韓国語も上手に話せるようになるはずなのに、なかなかうまくいかないというのはちょっと納得がいかないかもしれません。

 

なぜ流暢な日本語が韓国語の上達の足を引っ張るのかというと、あなたが韓国語を話そうとするとき、頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語に変換しようとしているからです。

 

話し上手な人というのは、話そうとするとき、長い文章の日本語を一瞬で頭に思い浮かべて、それを迷うことなく口から言葉として表現することができます。

一文一文の情報量が多かったり、表現が豊かだったりするから話がうまいのですが、それ故に韓国語で話そうとするときも同じ要領で韓国語を話そうとする傾向があるんです。

 

しかし、韓国語で話すというのは、当然日本語とは勝手が違います。

 

残念ながら、いくら中級の試験に合格したと言っても自分の話したいことを全て忠実に表現するための単語力が身についたわけではありませんし、日本語に比べたら文法力もまだまだ足りないわけですよね。

 

そうすると、どうしても韓国語で表現できる範囲が限定されるので、自分の頭に浮かんだ話したいこと、つまり日本語をどう処理すればいいのかわからなくなるのです。

特に自分の言いたいことを忠実に表現しようという意識が強いほど、どう言えばいいのかな?という思いだけが高まってしまい、その焦りから頭がパニックを起こします。

その結果、いざ韓国語で話そうとすると口から何もでてこないという現象が起きるわけです。

 

つまり、あなたが単語をいくら覚えても韓国語が話せるようにならない原因は

頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語に変換しようとしているから

だということです。

 

 

韓国語が話せるようになる方法とは?

 

では、どうすれば話せるようになるのでしょうか?

 

それは、決して単語量を増やすということではありません。

実は単語量をいくら増やしても、話すためには全く解決策にはならないんです。

 

もっと言えば、話せるようになることと単語は増やすことは別問題です。

単語をあんまり知らなくても、方法によっては韓国語で話せるようになることも可能です。

 

話せない原因が頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語にしようとしていることなので、逆に「頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語に変換しない」ということが解決策になります。

 

ちょっと意味がわからないかもしれません。

 

 

頭に浮かんだ日本語をそのまま韓国語に変換しない

 

とはどういうことか?

 

ちょっと話が長くなるので、次回具体的な説明をしたいと思います。

 

 

まずは、あなたが韓国語を話そうとしているとき、頭の中でどんなことを考えているのか振り返ってみてくださいね。

 

 

ところで、韓国語が話せるようになる頭の使い方をお教えしています。

 

詳しくはこちらのページから。

 

 

 次の記事

日本語を使いこなせば、韓国語が話せるようになる。

 

photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ