韓国語文法を覚えるコツ。日本語のしくみから考えること

韓国語と日本語は文章の構造が非常に似ています。

 

だから、韓国語の組み立て方を理解するためには徹底的に日本語を理解すると好都合なんです。

 

 

私の受講生さまからいただいたご質問をご紹介しつつ、日本語から韓国語の文法を考える例をみていただきます。

 

 

ご質問:止めてくださいの韓国語、「세워 주세요」の「워」がなぜこうなるのかがわかりません。

 
 
 

まず日本語から考えてみましょう。

 

「止めてください」という日本語は、「止める」と「くれる」という動詞が2つながった形ですよね?

 
 
日本語において動詞を2つつなげるとき、例えば「止めるください」とは言わず「止め”て”ください」といいます。
 
 
つまり、「る」の部分が「て」に変わるわけです。
 
 
 
なぜだかわかりますか?
 
 
「止める」という形は文章を終えるときに使う形だからです(終止形)。
 
 
 
一方、文章がまだ終わっておらず、この後に文章がつづくときは
 
「止めて」という形に変えなくてはいけない
 
というのが日本語のルールです。
 
 
特に動詞の後ろにまた動詞がつづくという場合の形のことを文法用語で「連用形」といいます。
 
 
連用形とは「用言に連なる形」という意味です。
 
用言とは「動詞、形容詞」のことです。
 
 
日本語の連用形は動詞の最後に「て」をつける形になります。
 
 
例えば、次のような形が連用形です。
 
 
して、食べて、行って、来て、書いて、走って、止まって
 
 
 
ここまではいいでしょうか?
 
 
 

では、韓国語に連用形があるのか?

 
次に韓国語の説明に入ります。
 
 
止めるという韓国語は세우다です。
くださいという韓国語は주세요です。
 
 
なので、「止めてください」という文章を作るとき
 
세우 주세요
 
と言ったとすると、日本語の「止めるください」と同じことになります。
 
 
動詞を2つつなげるには、動詞の形を変えなくてはいけないからです。
 
 
 
では、どのように形を変えるのか?
 
 
 
実は韓国語でも日本語と同じく動詞を2つつなげるときの「連用形」があります。
 
 
日本語では「て」でしたが、韓国語では「아」もしくは「어」を使います。
 
 
この아もしくは어を2つの動詞のうち一つ目の語幹にくっつけます。
 
 
語幹とは세우다だったら다を取り外した残りの部分「세우」です。
 
 
つまり
 
세우 + 어 → 세우어
 
が日本語の「止めて」に相当します。
 
 
 
ちなみに、아を使うか、어を使うかは語幹の最後の母音が(어をつける直前の母音が)陽母音か陰母音かで決定します。
 
 
 
話を元に戻します。
 
 
日本語の「止めて」に相当する韓国語は
 
세우어
 
でしたが、
 
これがどうして세워になるのかというと最後の2文字、우と어を合体させて二重母音化したからです。
 
 
 
で、そうして出来上がった세워の後ろに주세요をつけて
 
 세워 주세요(止めてください)
 
が出来上がるということになります。
 
 
 
 
ちなみに他の動詞についても要領は同じです。
 
ただ、二重母音になるかどうかについては、ぜひ気をつけてみてください。
 
 
가다(行く)+ 주세요
→가아 주세요(行ってください)
→最終形:가 주세요(가아を合体させる)
 
 
오다(来る)+ 주세요
→오아 주세요(来てください)
→最終形:와 주세요(오아を合体させる)
 
받다(受ける)+ 주세요
→最終形:받아 주세요(受けてください)
 
보이다(見せる)+ 주세요
→보이어 주세요(見せてください)
→最終形:보여 주세요(이어を合体させる)
 
먹다(食べる)+ 주세요
→最終形:먹어 주세요(食べてください)
 
 
 
韓国語の場合、この連体形の他に
아요/어여
아서/어서
など、아もしくは어で始まる語尾をパッチムのない語幹に付ける場合、合体して二重母音化することがほとんどです。
 
逆にいうとパッチムで終わる語幹のときには二重母音化しないということです。 
 
—–(ここまで)——
 
このように韓国語の文章構造がわからなくなったときは「日本語ではどうなっているのか?」から考えてみると理解しやすくなったりします。
 
 
ぜひ日本語との比較をしながら、文法の理解を深めてくださいね!
 
 
 

もっと韓国語がうまくなる方法を知りたいなら?

単語や文法をいくら覚えても話せるようにならなんです…

もう5年も勉強してるのに全然うまくならなくて…

 

私のところにこんなお悩みが送られてくるのですが、その原因は勉強の順番にあります。

もしあなたが単語や文法を覚えたあとリスニング中心の勉強をしてるとしたら、もう一度勉強方法について検討した方がいいかもしれません。

なぜなら、ものすごく時間がかかる方法だから、いつまでたっても上達する実感を得られないのです。

 

では、どうしたら上達する時間を短縮できるのか?

今なら、その韓国語が話せて聞き取れるようになるための正しい勉強の順番を、【無料で】お教えしています。

1日も早く上達したいと思っているあなたにならきっと役立つ情報満載ですので、いますぐ登録してみてください。

登録解除とも完全無料!

毎朝メールで韓国語をマスターする方法をあなたに直接お送りします。

お申し込みはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国語上達の秘訣無料メール講座お申し込み

 
photo by:

【次の記事】 »

【前の記事】«

はてなブックマーク Google+でシェア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ